2006-05-25

[読書] エル・ドラド

遺伝子組み換え食品で大企業になった会社の陰謀を暴く
というテーマは今までなかったし、面白いと思うねんけど、
なーんか話に引き込まれない。

舞台がアメリカや南米なのに日本人を主役にしているからか
最後の最後までどうなるかをわからないようにするために
途中の盛り上がりに欠けるのか・・・。

遺伝子組み換え食品は日本ではかなり流通しているらしいので、
こういった問題ももっと関心を持たないとね。

「エル・ドラド(上)(下)」
服部 真澄
新潮文庫
★★☆☆☆(2点)

Comment:

Trackback URL: