2006-05-16

[読書] 黒い春

映画の「アウトブレイク」を彷彿させるような恐さ。
しかも遣隋使というえらい古い歴史が絡んできて、
ミステリーとしてもなかなか面白く一気に読める。

雪子の軽いノリがあまり好きではなかったんやけど、
ちょっと最後は泣けてしまった。。
人によってはこんな終わり方ありかーと思うかもしれんけど、
ちょっとノンフィクション的な雰囲気で印象には残るかな。

「黒い春」
山田 宗樹
幻冬舎文庫
★★★★☆(4点)

Comment:

Trackback URL: