2006-04-27

[読書] ワイルド・ソウル

かつての南米での移民政策を問題提起するという意味で
こういう小説が脚光を浴びるのはいいかな。
もっとこういった歴史を学ばなくてはいけないと思うし。

話は読みやすくはあるんやけど、前半のそういう重いテーマに対して
ちょっと後半が軽すぎるような気がするなあ。。

「ワイルド・ソウル(上)(下)」
垣根 涼介
幻冬舎文庫
★★★☆☆(3点)

Comment:

Trackback URL: