2006-04-13

[読書] ダ・ヴィンチ・コードの「真実」

「ダ・ヴィンチ・コード」でいったいどこまでが事実なのか!
というのがやっぱり気になったこともあって購入。
なんとなく予想はしてたけど、小説として読む楽しさと
解説書はまた別ものやなあ。。
あんまり楽しくは読めなかった。

どれが真実かっていうことは当然今となってはわからないので、
あいまいな部分もたくさんあったけど、結論としては
「ダ・ヴィンチ・コード」は娯楽小説として楽しめって
感じなんかな。

それにしても五輪のマークとか黄金比の説明がウソっていうのは
ダン・ブラウンひどすぎる!!

「ダ・ヴィンチ・コードの「真実」」
ダン バースタイン
竹書房文庫
★★☆☆☆(2点)

Comment:

Trackback URL: