2006-03-17

[読書] ダ・ヴィンチ・コード

ようやく文庫化されたダ・ヴィンチ・コード。
もうすぐ映画も公開されるからってことやろう。

一番気になるのはやっぱりどこまでが真実なのか。
本には「すべて事実に基づいたもの」と注釈がついてるし、
過去の問題においてどれが真実かなんてわからんといえば
それまでなんやろうけど、やっぱりそこが気になる。

最後の晩餐なんて実物を見たけど、
もちろん今回のような知識はなかったし、
ただただすげーって見てただけやったもんね。
下調べもせずでもったいない。。

その謎・伝説に関わる部分に重みがなかったら
男女が主役のいかにもな海外小説って感じやったかも。
宗教問題としても考えるとさらに重みがあるんやろうけど。

「ダ・ヴィンチ・コード」
ダン・ブラウン
角川文庫
★★★★☆(4点)

Comment:

Trackback URL: