2006-03-10

[読書] 肩ごしの恋人

自分勝手でわがまま放題な女性と自分をさらけださない女性の
対照的な2人の友人の話やけど、読み始めたときは
ちょっと苦手かもと思った。
やっぱり自分は男やからね。。読むのしんどいというか。

でもそこはさすが直木賞作品。
わがままなるり子すらあたたかい目で見れるようになってしまう。
ここまではやりすぎかもしれんけど、誰でも自分の好きなようにしたい、
思ってることを正直にさらけ出したいって思いはあるやろうから、
人によってはうらやましく感じるくらいかも。

ただ崇の存在はどうなんかなあ?
必要不可欠ではあったと思うけど、あの終わり方にしてしまうと、
将来は絶対に会わない方がええよね。
2作連続で物語が終わった後のことを考えてしまった。。。

「肩ごしの恋人」
唯川 恵
集英社文庫
★★★☆☆(3点)

Comment:

Trackback URL: