2006-03-08

[読書] レイクサイド

会社の後輩一押し作家の東野圭吾。
この作家はほとんど読んでるんであまり借りることないけど。

「ゲームの名は誘拐」でもそうやったけど、
今回も登場人物誰にも共感できない雰囲気で、
しかも誰もが胡散臭い感じ。。

終わり方はさすがにそうきたか!っていう感じやったけど、
正直言ってあまりいいエンドではないかなあ。
本はあそこで終わるからええけど、
その後の家族の人生を考えると決して明るくないしね。。

「レイクサイド」
東野 圭吾
文春文庫
★★★☆☆(3点)

Comment:

Trackback URL: