2006-02-15

[読書] ゲームの名は誘拐

解説に書いてあったけど、どの登場人物にも共感できない
人物で小説を書こうということでこのストーリができたとか。

登場人物に感情移入できない小説は元々苦手やけど、
この話はあまり気にせずに読むことが出来た。
さすが東野圭吾やね~。

誘拐について書かれた推理小説はほんま多いけど、
その手の小説に欠かせない身代金の受け渡しとかには
あんまり力入れて書かれている感じではなくて、
誘拐ゲームが上手くいったのかどうか、
そこに重点がおかれているところが面白い。
もちろん最後のどんでん返しも見事!

あと主人公が必死に誘拐ゲームを進めてても
相手にあせった感じが全くないから、
これはうまくいってないんやろなーと思えてしまうのが
ちょっと残念。

「ゲームの名は誘拐」
東野 圭吾
光文社文庫
★★★★☆(4点)

Comment:

Trackback URL: