2006-02-13

[読書] 椿山課長の七日間

読み始めてすぐに「あぁ浅田次郎ワールドやなあ」と思った。
しかし、いくらなんでもノリが軽すぎるんちゃうかな。。

もちろんいろんな意味での「家族」というテーマは
相変わらず上手く描けてると思うし、
魅力的な登場人物の絡み方もやや強引ながらも見事。
そして切ない部分も随所にしっかり持ってくる。

これを切々としたものにしたら白々しいかもしれんけど、
それにしてもこのノリが。。
解説にコミカルなところに目がいって本当のテーマを
見失ってはいけないみたいなことが書かれてたけど、
ちょっとやりすぎ感があった気がするなあ。

「椿山課長の七日間」
浅田 次郎
朝日文庫
★★★☆☆(3点)

Comment:

Trackback URL: