2006-02-07

[読書] 君の名残を(上)(下)

源平の時代に現代人3人が(正確には2人なのかな?)
タイムスリップするという奇抜なアイデア。
その3人がそれぞれ歴史上の重要な人物になるというのもなるほど~って感じ。

もちろんちょっと無理があるところもないではないけど、
史実に基づいたところとフィクションをうまくまぜてるし、
切ないシーンも数多く、最後まで話に惹きつけられた。

終わり方はそれほど好きではなかったけど、
そんなことよりも平家物語の奥の深さというか、
あらためてもっとちゃんと平家物語を読みたいなあと思った。
それを踏まえて★5点!

前に「義経」を読んだときにも思ったけど、
源行家ってあんまり教科書には書かれてなかったと思うけど、
このトラブルメーカーの果たした(果たさなかった?)役割はほんま大きいなあ。。

「君の名残を(上)(下)」
浅倉 卓弥
宝島社文庫
★★★★★(5点満点)

Comment:

Trackback URL: