2005-12-05

[読書] 解体諸因

「麦酒の家の冒険」がいくつか本屋を探したものの
見つからず、短編集に手を出してみる。

主にバラバラ殺人など解体モノの話を集めた短編集。
しかも事件自体を書くのではなく、
事件のことを又聞きしたタックたちが勝手に推理をし、
真相はこうでないかという予測のまま終わるという
なかなか斬新な短編。

さらに、それぞれの短編が意味を持って最後につながって
くるというのはかなり感心した。
(一部の短編というのがちょっと残念やったけど、
まあその方が自然やろうし。)

最後につながる短編ではなかったけれど、
「解体守護」がほっこりする話でお気に入り。

「解体諸因」
西澤 保彦
講談社文庫
★★★★☆(4点)

Comment:

Trackback URL: