2005-11-16

[読書] スコッチ・ゲーム

こないだ読んだ「依存」と同じシリーズ。
なのに出版社が違うというのは不思議だが。。

シリーズものの最後の「依存」を最初に読んでしまい、
いろんな書評、解説には順番に読むのがオススメとあったので、
今から始めに戻るか、それともさかのぼるか迷ったけど、
あまのじゃくな性格のため、さかのぼっていくことにした。

「依存」とは語り手を替え、今回はタカチ。
相変わらずくどいくらいの彼女の美貌の表現、
「男」というものに対するステレオタイプ、
そして親が子に知らず知らず強要する押付けに関してなど、
ちょっとくどいんちゃうのーと思うところもあるけれど、
これはどうやらこのシリーズ全体(もしくはこの作者)の
テーマみたい。

終盤まで全く犯人が読めない展開は面白いけど、
あのタカチの話を聞いて、犯人がわかるタックって
ちょっとすごすぎる。。。
しかもあの犯人の動機とか、惟道との肉体関係って
ちょっと納得いかんぞ!!


「スコッチ・ゲーム」
西澤 保彦
角川文庫
★★★☆☆(3点)

Comment:

Trackback URL: