2005-11-13

[読書] 依存

ある本を買おうかなと手に取ったのに、
その横にあったこの本が何となく気になって購入。

どうやらシリーズものだったらしい。
しかもこの話が長編では今のところ一番最後。
ネットで他の人の書評を見ていたら、
できれば順番に読んだほうがいいとあったけど、
もう読み終わってしまったものはしょうがない。。
でも自分的にはこれを最初に読んでもそれほどは
問題なかったような気がする。

登場する個性的な大学生たちの軽い雰囲気とは裏腹に
ストーリーは重い方向へと進んでいく。
最後もちょっと京極夏彦的な(言いすぎ?)
精神的トリックでなかなか面白い。
タイトルの依存も上手いなと思う。

しかしシリーズを最初から読んでいる人には
きっともっとそれぞれの登場人物に感情移入してて、
これからの展開はどうなるのかが気になるんやろうなあ。

「男」「女」などのステレオタイプにこだわった
セリフが多いのと、やたらと議論を戦わせるところが
ちょっと読んでてしんどくはある。
その議論もいろいろ伏線になってるとはいえ。

あとは純粋に大学生の頃って気楽でよかったなーと
ちょっと懐かしくなってしまった(笑)。


「依存」
西澤 保彦
幻冬舎文庫
★★★★☆(4点)

Comment:

Trackback URL: