2005-09-22

[読書] 発火点

真保裕一にしては、ちょっと重たく暗ーい感じで、
どんどん読み進むってほどではなかった。

主人公がいろんな人との出会い・別れで成長していき、
大人になる・・・というか別人じゃないか!?ってくらい
性格変わってるのがちょい気になる。

最後の女性は一体どっちなのか?
これを議論させる意図なのだろうか??
この本、たぶん女性受けはよくないやろうなあ。

「発火点」
真保 裕一
講談社文庫
★★★☆☆(3点)

Comment:

Trackback URL: