2005-08-12

[読書] 姑獲鳥の夏

実は京極夏彦は読んだことがなかった。
ちょっと理屈っぽい雰囲気がどうなのよっていうのと
表紙の変な化け物(?)が買う気をそそらなくて・・・。

でも今回の分冊文庫版は表紙がおどろおどろしくないし、
映画化されるということもあったし(そういうのに弱い)。

これがデビュー作だということも実は知らなかった。。
前半はほんとに理屈っぽい部分がたくさんあって
理解しようと思うとなかなかしんどくはあるけれど、
最後にそのあたりがしっかり生かされていて、
なるほどなーとちょっと感心。

こういう作品を書けるっていうのはある意味天才ですな。

「姑獲鳥の夏 分冊文庫版(上)(下)」
京極 夏彦
講談社文庫
★★★★☆(4点)

Comment:

Trackback URL: