2005-08-01

[読書] 虚貌(上)(下)

「栄光一途」に続いて再び雫井脩介。
前の「栄光一途」を読んだときに、雫井脩介のことを
ちょっと調べたら、この本は賛否両論と書かれていた。

あんまりミステリーと解釈して読むとか深いことを
考えないので、全然否定する気持ちにはならなかった。

トリックとしてどうなの?といえばそれまでやけど、
それならハサミ男の方が反則かなあ(笑)。

終盤の一気に読ませる気持ちにさせる展開もいいし、
最後の終わり方もいい終わり方だなと思う。

「虚貌(上)(下)」
雫井 脩介
幻冬舎文庫
★★★★☆(4点)

Comment:

Trackback URL: