2005-07-11

[読書] 分身

東野圭吾は殺人事件とかのミステリーよりも、
それ以外のジャンルの方が面白いと個人的には思う。
(『秘密』とか『変身』とか)

うりふたつの2人の主人公のストーリーが交互に展開されて、
徐々に真相へと近づいていくのはよくある手法やけど、
本人が真相をたぐりよせるというよりも、それを手助けする
パートナーをそれぞれにつけたところにうまさを感じた。

結構初期の頃の作品みたいやけど、読んでてすごい映像化そうな
イメージを感じたけど、映画とかドラマ化はされてないなあ。

「分身」
東野 圭吾
集英社文庫
★★★★☆(4点)

Comment:

Trackback URL: